スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強は楽しく!色に親しむ

さて、公式テキストを手に入れた人はパラパラとめくってみた感想はどうでしょうか?
見るだけで胸躍るページもあれば苦痛に思うページもあると思ういます。
公式テキストは原点と言えど、むやみにかじりついて読んでも頭に入らないのではないでしょうか?

色彩検定の公式テキスト2級と3級の巻末にはカラーワークがついています。
まずは、これを仕上げる事から始めましょう。
これは配色カードがあれば仕上げる事できます。
日本色研 新配色カード199a

日本色研 新配色カード199a

価格:756円(税込、送料別)



そして前回お勧めしたテープのりを使えば作業は素早くできてきれいに仕上がると思います。

コツコツした作業が嫌な人や、作業時間が少ない人は一度に仕上げなくていいと思います。ちなみ私は会社の休み時間に数日間かけて仕上げました。
カラーワーク
私は3級のワークしかしていませんが、2級は同じものを別の教材で仕上げました。
この2級についている「明度一覧表」は後々重要な資料になってきます。

配色カードは色彩検定では一番重要で基本になるPCCSのカラーに準じています。
このPCCSの色が読めるのと読めないのとでは雲泥の差があります。
つまり、色を見てこの色がPCCSの色番が言える必要があると言う事です。

とは言え、3級の勉強をまだ始めていない人は、理論的な事がまだ頭に入っていないので覚えるのは大変だと思います。PCCSの基礎がわかってから覚えればいい事です。
そこで、PCCSがどんなものかが頭に入っている人、でもまだ色が読めない人は訓練として、単語帳代わりに持ち運びも便利で低価格なこれをお勧めします。

ビビッドトーンが12色しかない以外はかなり優れもの。
目をつぶって一枚引き、その色を当ててみる。正解は裏に書いてあります。
こんな風に暇な時に常に見ているとかなり実力が付きます。
例えばカードに慣れてきたら、実際のカーテンの色などをPCCSの色番号で近いものに置き換え、カードで確認してみる、などの色遊びがそのまま勉強になるのです。

基本的に色が好きな人が色彩検定を受けるものだと思っています。
勉強は辛い事ばかりではなく、興味や遊びから始まるものだと思います。
好きな事を遊びながら、そして検定試験のための実力をつけながらやる事も大切ではないでしょうか?








スポンサーサイト

テーマ : デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

megumi

Author:megumi
色彩検定独学講座へようこそ!
徐々にパワーアップしますのでご期待下さい!

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。